ハーディングフェーレ

| トラックバック(0)
年末と先日行ったノルウェー音楽のライヴで使われていたハーディングフェーレという楽器の響きや装飾が素敵で、間近で見せてもらいお話も聞かせてもらう。
で、帰ってからもちょっと調べてみる。
実際に弾く4本弦の下に4-5本の共鳴弦があって、指板や楽器表面に施された装飾にうっとり。
20170122-3.jpg

でもってグリーグ『ペール・ギュント』の演奏で使われるのね!
そーか、ノルウェーだ。
そして『ペール・ギュント』ときたら「アニトラの踊り」の某曲を思い出し、一瞬で脳内が妖しげな音色と声音に染まってしまうのはメトロファルス好きの条件反射(笑)。
こういう妖しい雰囲気で妖艶に踊り誘惑する魔性の女になってみたいぜ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://odaran.com/mt/mt-tb.cgi/3992

プロフィール

小田蘭
旅と写真と音楽と食べることとetc.
日常の記録をブログにて
旅のサイト時遊空館はこちらから
小田蘭へのメールはこちらから

このブログ記事について

このページは、小田蘭が2017年1月24日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ichiro×有田圭輔」です。

次のブログ記事は「東京流れ者会Vol.23『TOKEI叙景歌~宇宙の片隅でNonと叫びし蝙蝠翁』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01