写真の最近のブログ記事

2009年年末にcannonのs90を手に入れてから早3年。
デジタルの世界で3年も経つと新しい機能や技術がどんどん出てくる訳でして。
3年前なんてSDカードにWifi機能がついてデジカメからPCやスマホに転送できるなんて思わなかったもんね。

さて。
そんな訳で小田蘭、旅行の時はデジタル一眼の他にサブ機としてコンデジをポケットに入れて度々撮影しているのですが、新機能搭載のコンデジを見るにつけ、そろそろ新しいのが欲しいなぁと思いだしてきました。
週末はCP+2013が開催されていましたが、そこで紹介されていた実機が発売されるのはこれからなので、現在発売中の機種でいろいろ検討してみました。

 ・やっぱもうちょっと暗い所でもブレずに使えるといいなぁ。
 ・それにはもちろん明るいレンズ。
 ・広角側は24mm! 28mmだとちょっとねー。
 ・サブ機と言えどもRAWデータが欲しい。
 ・デジイチと一緒に持つことや平日の持ち歩き考えたらポケットに入るサイズじゃないと。
 ・ごはん写真をよく撮るからマクロ撮影でそこそこまで寄れるのが大事。
 ・連写も早かったらいいなー。

てことで、いま購入に傾いているのがコレ!

 ■FUJIFILM XF1(メーカーサイト)
 http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_xf1/
 ■XF1 スペシャルサイト

 ・やっぱもうちょっと暗い所でもブレずに使えるといいなぁ。
    → 手ブレ補正機能付
 ・それにはもちろん明るいレンズ。
    → 開放F値は1.8-4.9
 ・広角側は24mm! 28mmだとちょっとねー。
    → 25mm-100mm(35mm換算)
 ・サブ機と言えどもRAWデータが欲しい。
    → RAW撮影可能
 ・デジイチと一緒に持つことや平日の持ち歩き考えたらポケットに入るサイズじゃないと。
    → レンズ収納時にはポケットにしまえるサイズ
 ・ごはん写真をよく撮るからマクロ撮影でそこそこまで寄れるのが大事。
    → マクロ撮影では広角側で3cmまでOK
 ・連写も早かったらいいなー。
    → 超高速10コマ/秒

うん。
コレいいんじゃない?

確かに1つ1つの機能を比べていったら他のメーカーの方がいいって部分はあるけどね。
同じく小型高級コンデジのs110(キャノン)とかRX100(ソニー)とかXZ-2(オリンパス)とかLX7(パナソニック)とか。
開放F値1.4-ってのもあったし。
マクロ撮影1cmってのもあるし。
それらをいろいろ比較検討して、押さえておきたい機能の兼ね合いがそろっていたのがXF1なのですよね。
しかし、今はアスペクト比(縦横比率)1:1なんてサイズでも撮れちゃうのね。
PCでトリミングしなくてもいけるって、これはいろいろ遊べるわー。

Wifi機能はカメラ側についていなくても、今はSDカードで対応できるし。
SDカードの速度を早いのにすれば読み込みも早くなるし。
GPS機能は別に必要としてないし。
コンデジに高倍率は求めてないし。
防水機能も今はいらない

なにより見た目がカッコイイじゃないですか。

電源のON/OFFはズームリングを回すから片手での操作ができないという話も見かけたけれど、なんかこの手間がかかる感じも好み(笑)。
ズームがアナログ(ズームリングを回すことで操作)ってのもコンデジなのに一眼っぽい!
そもそも私はコンデジのレバー操作でのズームがちょっと苦手なの。
ここだと思って止めても惰性でちょっと動いてちょうどいい所で上手く止めることがなかなか出来なくて。
だから、個人的にはこのマニュアルズーム操作の方が有難かったりします。

それにね。
初めてしっかり使ったコンデジがFinePixシリーズで、その時の色味がとても好みだったのですよ。
もう10年くらい前の話だけど(汗)
だからFUJIFILM、気になるんだよね。

たぶん近々買っちゃうかも。

便利な世の中になったもんだわ。
手持ちのデジカメにこの無線LAN機能搭載のSDカードを入れて写真を撮ったらその場でスマホやPCと繋いで直接ダウンロードできちゃうなんて。

FlashAir
http://www.toshiba.co.jp/p-media/flashair/

スマホのカメラはイマイチ画質もよくないし使い勝手もよろしくなく。
たまにスマホで写真を撮ることはあるけど、ブログやSNSに掲載する写真は殆どがデジカメで撮って帰ってからPCにダウンロードしたもの。
でもこれがあればデジカメ画質がスマホからリアルタイムでtwitterやfbにアップできる♪

そんなことを考えてさっそく買ってみました。

んー、でも誰かと一緒に話したり飲んだりしている時にはなかなかスマホを操作したりしないなぁ。
旅行中なんかはいいかもね。
今度のエジプト旅行で活躍するかな。

年末のカタラタスに続き、セルベッサジムグループ2号店「滝-taki-」の看板も2箇所が新しくなり、そのイベント企画がそれぞれの看板が設置された日に行われてました!
当日いきなりの企画だったから1回目のイベントには行けなかったけれど、2回目は土曜日に設置して土日の2日間がイベントだったので、日曜のおたけDay夜の部に参加した後に数人で滝へ移動して、合言葉を言って割引で飲んできました!
http://ameblo.jp/zizake-to-zibeer/entry-11278620108.html

いつも満腹なおたけDayの後だったので、さすがの私もビール小1杯だけで早々に失礼してきちゃいましたけどね。

いやでも...(笑)。
今回の合言葉の「90°回転!!」って!!!(大爆笑)
言われて気付いた。
そ、そんな大事な部分が...。

1つ目は3Fの窓の外から大きくロゴと文字。
2つ目は1Fの共用部分にお酒や料理の写真入り。
看板の写真だけは明るいうちにと思って、おたけDayに行く前に寄って撮ってきてみたりして(笑)。
20120618-1.jpg 20120618-2.jpg

で。
実は。
1Fの看板のお酒と料理の写真は小田蘭が撮ったものが使われているのです♪

ふふふ。
撮っておくものですねぇ。
看板用に撮ったものではなく、「滝-taki-」のオープン以降普通に飲んだり食べたりしていた時に趣味で撮っていたものを使っていただきました。
普通に食べてる時に撮ったものだから全てコンデジでの撮影なのですけど。

声かけてもらってから今までの滝ごはん写真を整理していたら、数が多くてこれまたビックリだったなぁ。
おたけDayの写真もそうだったけど、まとめてみるとやっぱりすごいね。
■おたけDayの写真一覧
 →Facebookのアルバム

それにしても今回の件は光栄です。
たまにブログに載せるぐらいだった(それすらも追い付いていない)写真たちが、こんなに立派になって「滝-taki-」へと向かう階段の下の柱にかかっているなんて♪

これまでにも数年来お世話になっているお店でフリーペーパーやレストラン紹介本に載せる写真を提供したことはあったけど、やっぱりこうやって人に見てもらえる形になるって嬉しいものだね。

「1万時間の法則」とは、「どんなことでも1万時間続ければ"本物"になる」という、マルコム・グラッドウェルの著書『Outliers(邦訳『天才!』)』の内容です。

まさに『継続は力なり』。
1万時間もの間、投げ出さずに続けることができるということはそれだけで凄いことだと思う。
集中して続けることができる意識と気持ちがあれば、大抵のことはそれなりにできるようになるだろう。
『好きこそ物の上手なれ』ということわざもあるように、好きで続けていることはやっぱり伸びるよね。

私は写真を撮るのも好きだし、旅行記を読むのも書くのも好き。
撮るのは主に旅先で、あとはよく行くお店のごはん写真。
美味しそうなごはんを目の前にすると撮りたい欲がむくむくと...。
最近ではすっかり食べる前に手早く撮る習慣が身に付きました。
前は食べ始めて暫くしてから「あっ、撮るの忘れた!」ってことも多かったけど(笑)。

それなりに数をこなしてきているので、旅行に行き出した最初の頃に比べたら写真の撮り方も旅行記の書き方も変わってきた。
「もっとこういう感じで撮りたい」と思ってカメラを替えたりレンズを増やしてみたり、フィルムからデジタルに変わって枚数を気にせず沢山撮れるようになってからは同じ対象を位置や角度や距離感を変えて何枚も撮ってみたり。
旅行記もwebに冊子に小説風にとあれやこれや。

最初は質より量で、まず沢山撮ること、書くこと、練習すること。
ある程度の量をこなしていくうちに自分でも質の方に意識が移っていくものだと思う。

写真も文章もサイトもきちんと何かを勉強したことはなく、基本的に全て見よう見まねの独学です。
『習うより慣れよ』でやっちゃってるからなー。
「こういう写真撮りたい」と思ったらネットや本で調べるけど、後は自分で撮りながら設定を変えたり角度を変えたり、そのうち慣れてきて「こういう時はこう撮ればいい」と分かるようになる。
サイトも「こういう表示にしたい」と思ったら見よう見まねで調べてカスタマイズしてみたり。
文章は分かりやすく、こっちが言いたいことが上手く伝わるかどうか。
いろんな本を読んでいるうちに書き方みたいなものはなんとなく分かってくるもんだし。

上手く撮ろうとか書こうとはあんまり思わないけど、伝わるかどうかは気にするかな。
ごはん写真を見た人が「お腹がすく」と思ってくれたらめちゃくちゃ嬉しい!

広角レンズ

| トラックバック(0)

今度は広角レンズが欲しいなー。
というようなことをtwitterでつぶやいたら、旅友あいちゃんがトキナーの11-16のレンズを貸してくれた。

ので。
所用あって出かけた帰りに清澄公園でいろいろ撮影。
カメラはニコンのD300です。

20111125-1.jpg20111125-2.jpg20111125-3.jpg20111125-4.jpg20111125-5.jpg広角レンズおもしろいね!
実際に目で見ている時とファインダーを覗いた時の景色が違っておもしろい。
自分の視界以上に見えてる感じがとっても不思議。
確かにこれはひらけた大自然を映すのにいいわ。
年内に買っちゃおうかなー。

でも時々、「あ、寄りたい!」と思う時もあるんだよね。
寄りが好きなのかも。
ってことは、旅行に行く時は交換用のレンズも持って行くことになるの?
うーん、荷物が...。
ま、普段の荷物が多くないから、行く場所によってレンズ1本増やしていくのもあり...かなぁ?(汗)

こうやってどんどん深みにハマッていくのであった(笑)。

この前までのは、エジプトのルクソールで撮った写真。
20110130-1.jpg

今回ちょこちょこblogの使い勝手を改善した時に写真を変えました。

これは、メキシコのクリールで撮ったもの。
20110130-2.jpg

iichiko

| トラックバック(0)

いいちこ の広告が好きです。

映像(CM)も好きだけど、やっぱポスターがいい!
今は遺跡の写真にメリークリスマスって文字が入っていて、マヤの遺跡っぽい写真がとっても気になる!
http://www.iichiko.co.jp/design/graphic/10/10_chri.html

バックの樹の感じとかがパレンケを想像させるんだけどなー。
ロケ地どこなんだろ。


後日追記:
ベリーズのラマナイ遺跡のようでした!
http://4travel.jp/traveler/kum/pict/18087918/

一番人気

| トラックバック(0)
今回の旅のポストカードで、今のところの一番人気はハマで撮ったネコ。
20100524.jpg

20100307.jpgお友達から希望されて、ベリーダンスのポストカードを作ってみました。

モデルは小田蘭。
撮影はチュー子ちゃんの旦那様。
去年の自主企画パーティの時の1枚です。

トリミングして背景を微妙に加工、こんなんなりました。
わははは(汗)。
「欲しいー」と言っていたお友達は、本当にこんなの欲しいんだろうか。。。。

先日s90についてレンズが明るくて暗い所もで綺麗に取れるんだよー、と話しておりました。
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s90/

あとは、以前からマクロ機能に注目しているここは連写機能もすごい。
cxシリーズの最新はcx3。
http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx3/

GRシリーズも気になるけど、一眼があるからこっちは別にいいかなーとか。
最新はGXR
http://www.ricoh.co.jp/dc/gxr/

昨年の夏にトルコに持って行って活躍したT900
ここの最新TX7は、フルハイビジョンの動画撮影で、カメラを一振りするだけで最大270度のパノラマ写真が撮れるなんて機能もあって、広角25mm。
あ、1cmマクロ機能もついてる!
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX7/

HX5Vはフルハイビジョン動画やパノラマ写真はもちろん、GPS・コンパス機能がついているから昨年の私みたいにGPSも持って行く必要はないし充電の失敗もない(笑)。
だってカメラの充電さえしっかりしておけばGPS機能もついてくるんだもんね。
まぁ、撮った所の位置情報だけで移動の痕跡は残らないみたいですが。
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-HX5V/

ってか、いやいや、もう買いませんよ!
いろんな機能はすごいなぁと思うけど、今あるデジイチとコンデジでしばらく楽しみます。

1  2  3  4  5

プロフィール

小田蘭
旅と写真と音楽と食べることとetc.
日常の記録をブログにて
旅のサイト時遊空館はこちらから
小田蘭へのメールはこちらから

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち写真カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメキシコです。

次のカテゴリは小田蘭&時遊空館です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01