観る(ライブ・舞台・映画・等)の最近のブログ記事

今年は例年以上にお芝居色が強かった感じのする東流会(東京流れ者会)。
ヨタロウPresents東京流れ者会Vol.23『TOKEI叙景歌~宇宙の片隅でNonと叫びし蝙蝠翁』

多岐にわたりすぎな内容で4時間たっぷりお腹一杯飽和状態(笑)。
これを去年1年のうちにやってたってんだからヨタロウさんどんだけよ。
狂言、義太夫、落語、演劇、和楽器、長唄、音楽ライヴに飛び入りあり。
合計出演人数いったい...
深夜地元に戻ってもそのまま帰る気にならず飲みに行った先で何のライヴに行ったのか聞かれてもどう答えていいやら。
O-Westでとある人のお誕生日ライヴがあって狂言とか義太夫とか落語とか転換合間に演劇とか、もちろん音楽ライヴも。と話してカウンターを混乱させました(笑)。

風煉ダンス『スカラベ』チームなんてヨタロウさん含めてお芝居の時の恰好でわちゃ~っと出てきて壮観。
「お芝居の人は手を抜かないね byヨタロウMC」
ほんとそれ。
ていうかご本人もね。
そして怒涛の楽曲メドレー。
これサントラCDになんないかなぁ。

ソロアルバム発売1年にしてやっと「いとおしいひと」が生で聴けたのも嬉しかったし、主役はインバネス姿からお芝居の衣装からお色直し(?)複数。
いやいや、眼福耳福の楽しい夜でした。
河村さんとファン・テイルさんのギター掛け合いはすごいロックな感じでカッコよく。
演奏のアグレッシブさと深みに加え最近なんかキレイになった気がするベチコちゃん。
客席から飛び乗りで登場のアランさんとか、会場に到着早々鞄持ったままステージに出てきたエミ・エレオノーラさんとか、あばらかべっそんず突然の劇中曲演奏にしっかり反応して登場するゴキブリネズミ(@スカラベ)とか、宵闇峠...の演芸大会は皆さん相変わらずの芸達者振りで誰かが何かやるとすぐそれに合わせてくるさすがの対応力サイコー(バンバン!)!

最後はスカラベチームの誘導で椅子席のお客さんも立ち上がりノリノリで終幕。
年に一度の祝祭ですなぁ。
もうちょっと本人が楽な方向で続けられるといいと思う祝いの日。

番外編。
終演後のフロアでご出演されていたピエモンテルノの清水彩月さんとお会いする機会があり、先日突然亡くなられた岡部亘さんのお話しを聞くことができたのが何よりでした。
彩月さんは岡部さんとユニット組んでらしたので。。。
2017年のライヴ始めはブルースロックギタリストichiroさんとフラメンコカンテ有田圭輔さん。
お世話になっている美容室で発売直後の1stCDを聴いた時、日本にもこういう音楽やる人達が!!と衝撃受けたRockamenco(現在休止中)ももう11年目か~。
こうしてまた2人一緒に演ってくれていることが何より嬉しい。
ブルースとフラメンコ。魂の叫び。
Rockamencoに出会った美容室の名前が「TRIBE」だってのも何の符号かとね。
昨日は尺八プレイヤー岩田卓也さんとのコラボもがつりとハマって超絶おもしろ楽しかった!
曲中でいきなり始まったギターと尺八と歌の即興セッションなのも盛り上がったし、あぁこれもっと皆に観てほしかった!!
去年の現代演劇×邦楽コラボの舞台『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』もそうだったけど邦楽のポテンシャルすごいなと、私の中でまた新しい扉が開いた感じです。
20170119.jpg
イスラーム映画祭2にて一挙3本!
トークイベントも聞いてきた。
サラームさんの話も久し振りで楽しかったなぁ、フェス話。

『私たちはどこに行くの?』
ムスリムとクリスチャンが暮らす小さな村。
外で起こっていることは村の中にも入り込む。
ムスリムだからとかクリスチャンだからとか関係なく女たちが対立を避けさせようと画策する姿が滑稽だけど哀しく刺さる。
監督ナディーン・ラバキは『キャラメル』も撮ってる。
あの時は東京で観れなくて、札幌出張の時に前日入りしたシアターキノで観たんだっけ...などと思い出しつつ。

『敷物と掛布』
淡々と静かに映像で観せる。
5年前のエジプト革命の時にあったかもしれない話。
コプト教徒とムスリム。
革命の時にインターネット上で見たイスラム教徒の礼拝時間にキリスト教徒が周りを囲んで守っていた写真を思い出す。

『バーバ・アジーズ』
老人と孫娘がいつどこで行われるか分からない集会を求めて砂漠を旅をする。
それを軸にいくつもの物語が語られ交差しながらそれぞれが向かう先は同じなのか。
全てが繋がっているような、夢で現で幻のような。

連休の始まりはビール仲間のお誕生日に顔を出してからのライヴでした。
 ・斉藤トオル(ピアノ)×Jill cat(ボーカル)
 ・河村博司
 ・伊藤ヨタロウ(&斉藤トオル、河村博司)

三者三様(三組三様?)聴かせてくれるいいライヴ。
時期的にクリスマスソングもあり、カバーもあり、もちろんオリジナル曲もそれぞれあり。
なによりまさかの「風のひと」が聴けるとは...(涙)。
なかなかライヴで聴けないけど大好きなのよ。
はー...しみじみ。
ホーカシャン「風のひと」は吉良知彦プロデュースのコンピアルバム「Songs」に収録。
伊藤ヨタロウさんの存在を知ったのはメトロファルスからでもなく、役者からでもなく、このアルバムのホーカシャンが始まりだった。
...という人はあまりいないのかな。
「風のひと」のYoutubeリンクしとこう。

飲めて食べれるお店だけどライヴの時はテーブルが少ないから終わってからだなぁ...と終演後にカウンターに移動して飲んでいたらお店の方に「前にも来たことありますよね?」と言われて、まさか覚えてもらっているとは思わず嬉しい驚きもあり。
やっぱりカウンターで飲めるお店好きだな、と飲んでいたら見たことある冬仕様の帽子の人が入ってきて、いつのまにやらヨタロウBANDの過半数が揃うという嬉しい展開もあったりの楽しい夜でした。
あー...しかし集中してると顔つき怖くなるのはなんとかせないかん(汗)。
ヒカリエ楽団でからの、渋谷で給水(笑)してから三鷹へ♪
夜は三鷹のバイユーゲートで昼間から引き続きティプシプーカの御二人も少し参加してのライヴってば最高!
楽しかった~♪
20161212-1.jpg20161212-2.jpg20161212-3.jpg

B4楽団

| トラックバック(0)
本日のB4楽団。
レアな曲も聴けたりして楽しかった!
バンド仕様のこの日限定プレートもあってごはんも美味しい嬉しいお店♪
20161208-1.jpg20161208-2.jpg20161208-3.jpg

そして北海道直送じゃがいもをいただいて寄り道して帰るのであった(笑)。
ありがとうございます。
ジャガバタで食べるの楽しみ!
多分、今年一番ライヴに足を運んだバンドかもしんない。
昼間に踊った後で移動してCABBAGE&BURDOCK。
行く度に進化していて、毎回楽しさが増していくのを目の当たりに出来るのがすごい嬉しい。
20161203-2.jpg20161203-3.jpg
群衆の動きと個人の身体能力と個性。
舞台美術の動きと、音楽と照明の妙。
言葉で言い表すのではなく、感じる舞台に引き込まれた。

トリオ

| トラックバック(0)
ふと気付けば3日続けて3人編成のライヴだった。

日曜はジプシージャズのギタートリオ。
月曜はアラブ・中近東の古典音楽トリオ(バイオリン、ウード、レク)。
今日のが一番一言で言い難いけど、ベース/ギター&歌、パーカッション、ハープのトリオと、ギター&歌のソロの対バン。

そんで今日イチ胸熱だったのは、最後に実際は違う曲やるのに「サカモギソング~」とか言ってたらりんたろさんがすぐさまハープ叩いてリズム取ってたこと。
さすがすぐる。
そしてダイクマさんとりんたろさんがお揃いきりくまTシャツ!
吉良さんっ!ぶわぁっ。・゜゜(ノД`)

アラブ音楽

| トラックバック(0)
60拍子とか88拍子とかアラブ・中近東の音楽ほんとおかしい(ほめてる)。
ライヴ中のMCの1つに、譜も詩もあるにはあるのに作詞作曲者名が「作曲:古い、作詞:古い」とかもう...
あっちの人たちは昔からそんな感じかとズルっと椅子から落ちそうになったよ。
おかしくていとおしくて。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール

小田蘭
旅と写真と音楽と食べることとetc.
日常の記録をブログにて
旅のサイト時遊空館はこちらから
小田蘭へのメールはこちらから

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観る(ライブ・舞台・映画・等)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは美容・ファッション・健康です。

次のカテゴリは観る(美術館・博物館・写真展・等)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01