タイの日本人周りってまだこんな状態なの?
最近東南アジアには出かけてないけど、今もそうだとしたら私が東南アジアを個人旅行していた2000年前後とあまり変わっていない感じだなー。

音楽いいし自然の映像はキレイだし猥雑さもあって好みの要素は多い映画だったけど、出ている人達の演技が...しゃべりがわざとらしくて「芝居してます」感漂いまくりなのが気になって仕方なかった。
一部を除いて出演者の殆どが俳優ではないというのにこれだけ撮れるのはすごいと思う。
でも、ドキュメンタリーではなくドラマであるなら、インディーズとしてももうちょっと芝居できる人を起用した方がスムースに世界観に入り込めただろうなぁ、と思うのでした。

各所でいろんな地元の音楽が使われていて、ロックもポップスもラップもカラオケや民謡っぽいものもあり、それらがタイの風景風俗と合っていてとても好き。
特にノンカーイで地元のシャーマンのような人が語りから徐々に節がついて民謡ラップのようになっていくのがとてもいい!
ラオス発祥のモーラムって知らなかった!(下記リンク「空族と田我流が語る「バンコクナイツ」。オルタナティブな映画の作り方。」中盤に記載あり)
これと劇中音楽聴きたいがためにサントラ買おうと思うくらいに好きだわー。

東南アジアの蒸し暑い濃く重い空気感分かる。
(タイもカンボジアもベトナムもラオスも行ったことある)
音楽や映像いい。
いい台詞も随所にあるんだけど、役者というか演技で引っかかってしまうのが微妙。

バンコクナイツ

空族と田我流が語る「バンコクナイツ」。オルタナティブな映画の作り方。

『YUKIGUN』

| トラックバック(0)
先月行った酒田の街中でポスターを見た。

1958年(昭和33年)に誕生したカクテル「雪国」の産みの親で今も山形県酒田市でカウンターに立つバーテンダー井山計一氏の足跡と周囲の人達、「雪国」誕生にまつわる話。

その時にそういえばケルンの近くも歩いていて、お店の看板を見ていたことにも後から気付く。
東京に戻ってUPLINKで上映されることを知り、能登の杜氏ドキュメンタリーを撮った石井かほり監督がトークショーに登壇することも知る。
これは観るならその日でしょ!
ということで行ってきました。

映画では井山さんご本人からの話はもちろん、ご家族や全国のバーテンダーや遠くから酒田までカクテル「雪国」を飲みに来る方のお話し、あの時代のキャバレーや酒田大火の話にも触れられている内容に先月酒田でキャバレー白ばらに立ち寄れたことを思い出すし、近くにいて看板も見かけていたのにケルンで飲んでこなかったことをちょっと後悔した。
エンドロールに竹の露酒造の文字を見つけて「あ!」と思っていたら、上映後のトークショーで監督が鶴岡市の方だと知って納得。

トークショーは『YUKIGUNI』の渡辺智史監督と、同じくお酒に関するドキュメンタリー『一献の系譜』の石井かほり監督。
ディープなドキュメンタリー映画トークから始まり、監督が何故タイトルを漢字ではなくローマ字で『YUKIGUNI』としたかという裏話もあり、取材時のクスっと微笑ましい井山さんのお話しももっと聞いていたくなる。
そしてやっぱり飲みたくなる。
普段はカクテル作るようなバーに行くことはないんだけど、近々どこかで飲みに行こう。

ドキュメンタリー映画は長い時間をかけてテーマや対象に寄り添うことになるし、その姿勢や敬意が滲み出る作品に出会うとほんと素晴らしいなと思う。

『YUKIGUN』

『一献の系譜』
http://ikkon-movie.com/
NY在住の日本人監督がリベリアとNYを舞台に描く移民の話。
前半はリベリア、後半はNYが舞台となり、1人の男を中心に据え淡々と状況が描かれていて特に何かが起こって展開していく訳ではなく、結局どこに行っても苦しい状況に変わりわないという一見救いのない話だけれど、映し出される映像が美しい。
撮影監督はリベリアでの撮影中にマラリアに感染して死亡されたとのことを後から知る。
リベリアでのゴム農園での作業、女たちがストライキしている旦那を愚痴りながら木を集めて運び墨が作られていくシーン、そういう作業の場面が印象に残る。

リベリアの白い血
トーク&ライブというか、ほとんどライヴ(笑)。
まつろわぬ楽曲は言うに及ばず、まさか『スカラベ』のマイマラリアのみならずデストピアまで聴けるとは!
更にバッタの「そーなのー!.......」一連の流れまで(笑)!←ここ好きだったw
『泥リア』のギドラ三姉妹が首から上そのまま(鬼だったり人形だったり海賊だったり)で歌ったり、『MICHI』のネギ持った海賊とかトリがいたり、一人ボケツッコミかましてたバッタは後半では最終形態の仮面ライダーになってたり、風煉ダンスキャラ大集合。
新年早々カオスっぷり半端ないめちゃめちゃ楽しいライヴでした!
楽しくて夢から醒めたくなくて飲み続けてた。
20190105-1.JPG20190105-2.JPG
私の渋谷のホーム、セルベッサジム・グループ店舗の1つで新年会。
今回の企画は干支の猪半身と来福樽酒&日本産ワイン各種!!
おでん山ほど、フォアグラ餅、日本料理の料理人によるおつまみもいくつか、更に用意された以外の持ち込み差し入れのワインや日本酒、どんどんどん!
猪はうり坊と成獣の間くらいという半身をじっくり火入れした後、表面をバーナーで炙って切り分けてもらったら最後の骨まで解体されてキレーに瞬殺。
おでんの出汁は香箱蟹・シマエビ・カツオ・和牛の混合出汁。
こんなんあったら日本酒で出汁割りするでしょ!
沢山作ったからおでんは残ったら持ち帰りで...とか言っていたはずが終わってみればお酒も料理もほぼほぼ綺麗になくなってました。
お酒もなんだかんだ参加者1人1本以上の量があったはず、そして来福の樽酒二升、更に会が終わったロスタイムに追加されたものも含めて空っぽになるとかマジですか。
みんな酒飲み!健啖家!!
新年早々胃袋満足♪
20190103-1.JPG20190103-2.JPG20190103-3.JPG20190103-4.JPG20190103-5.JPG20190103-6.JPG20190103-7.JPG20190103-8.JPG20190103-9.JPG

振り返り

| トラックバック(0)
今年はオシゴトぎうぎうで旅にはあまり出られなかったし儘ならないことも多かったけど、その隙間を縫って年に4回人前で踊る機会があったり振り返ってみれば結構盛り沢山。

7-22時で会社にいる日々が続いた時には勤務間インターバルとはなんぞやとなったけど、数年にたまーにこういう波がくるんだよね。
今は落ち着いてきたから来年はもっと旅に出たいなぁ。

ベリーダンスは発表会やショーの他、音楽ライヴの間に混ぜてもらったりしながら、アラブ音楽はもちろんのことアラブ楽器じゃなくてもなんでもやっぱり生音で踊る気持ちよさを再認識。
躍り納めでは出だしの音源がなんか小さいと思いつつ登場したら音消えちゃうトラブルがあったりしたけれども(笑)、なんやかやとアドリブマイムで繋いで復活した音を捕まえて却って開き直って踊れたかも。
そんな終演後、観に来てくれた友人達との話が終わるのを待ってわざわざ「すっごく良かったです!」と声をかけてくれた女性の方がなんかもうとても有り難かったし、2月にご一緒したバンドの方達にもちゃんと観てもらえて、今回御一緒したドラムの方からは更に嬉しい言葉まで。
「セクシーで喜怒哀楽を全身で表現して...」とはまさにベリーを踊る身に光栄至極。
私はオシゴトもベリーも表に出るまでは黙々と淡々と内に向かう傾向があるので、本番でそれが弾けて観た人にそう思ってもらえると本当に嬉しい。

来年も何かできるといいんだけど...
まぁなるようにしかならないね。

UPLINK吉祥寺

| トラックバック(0)
12/14にオープンしたばかり。
青のトンネルを抜けて受付に行くとか映画を観るならここで、と通いたくなる素敵な映画館ができてた。
クラフトコーラやクラフトビールもがあるというのも、なんとも嬉しい。
20181231-1.jpg20181231-2.jpg20181231-3.jpg20181231-4.jpg

UPLINK吉祥寺
ベリーなら腰や胸の動き。
フラメンコは足さばき。
激しく打ち鳴らすその足さばきに人の生き様を垣間見る。

ラ・チャナ
UPLINK吉祥寺でやっていた「見逃した映画特集」でやっと観る。
『シリア・モナムール』や『それでも僕は帰る』より衝撃的な現場映像は少なく感じ、国外(ドイツやトルコ)で映像を受けとって発信する側からの状況が描かれていた。
こういう映画ではなく、早くシリア産の普通の映画が作られるようになってほしい。

ラッカは静かに虐殺されている

シリア・モナムール

それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~
何かと話題のこの映画、どこかで観に行こうとは思っていたけど観に行かなきゃ!と後押しされたのは12/13の晩餐トリオの忘年会で。
ライヴ中にこの話題出るわダイクマさんが(まだ観てないというのに)パフォーマンスするわ(歌うというよりあればパフォーマンス!(笑))、こりゃ観に行かなならん!とね。
洋楽は何であれ本当に知らないしCDも持っていないけれど、クイーンの楽曲は聴いたことあるものが多くて他の洋楽より馴染みがあるのは日本でのセールスが成功していたんだろうなぁと。
改めて...というか今回初めてじっくり全編クイーンの音楽を聴いて、思わずサントラ買っちゃったもんね。
しかしの映画は本当に役者の本人達への寄せっぷりが凄い。
恰好だけでなく演奏シーンとか動きまでよくぞここまで。
個人的にはメアリーが悲しくてそれでも最後にジムと一緒にライブエイドを袖から見守る姿に涙。

ボヘミアン・ラプソディ

プロフィール

小田蘭
旅と写真と音楽と食べることとetc.
日常の記録をブログにて
旅のサイト時遊空館はこちらから
小田蘭へのメールはこちらから

アイテム

  • 20190105-2.JPG
  • 20190105-1.JPG
  • 20190103-9.JPG
  • 20190103-8.JPG
  • 20190103-7.JPG
  • 20190103-6.JPG
  • 20190103-5.JPG
  • 20190103-4.JPG
  • 20190103-3.JPG
  • 20190103-2.JPG

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01