飲・食の最近のブログ記事

以前書いたビール仲間の誕生会に行ってまいりました。
祝われる人が6月誕生日の人ってことで増え、参加人数も増えた結果、場所は個人宅ではなくいつも皆がお世話になっているビールバーを昼間貸してもらって行うこととなりました。
通常繋がっているビールを外し、持ち込んだ秋田と新潟と東京のビールを繋いで自分たちでサーブする!
というか、お店のタップを使って自ら注げるのが嬉しい人に殆ど注いでもらってましたけど(笑)。

秋田は「あくら」11ペールエール。
新潟は「妙高高原」ダークラガー。
東京は石川酒造「多摩の恵」シーズナルのヘレス。
それぞれ10リットルが全て開きました!
みんなすごい!!

で、書いた通り私はババガヌーシュとムタッバルを作って持って行ったので、レシピの覚書など。
当日はデジカメを持って行くのを忘れて写真がないのが残念です。
ネットでいろいろと書かれているレシピを参考に、材料を調達して、試作して自分なりに分量を調節してみました。
そこら辺のスーパーで売ってないものは事前にネット通販で購入。
試作の時はそれぞれスーパーで売っている茄子1パック(長茄子で3本くらい)をベースに作っていたのだけど、誕生会には20人くらい集まるようなので倍量で作ってみようと、長茄子12本を前日に購入してひたすら焼く!(笑)
魚焼きグリルだと1度に長茄子3本しか焼けないのよね。


【ババガヌージュ】
シリア以外ではババガヌージュと言うと焼きナスと白ゴマのペーストになるようなのだけど、私の中でのババガヌージュはシンプルな焼きナスのペーストです。
以前友人に教えてもらって作った時には冷蔵庫の有り物で作ったのでザクロソースなんて使わなかったのだけど、今回は前々から作ると決めていたのでしっかりザクロソースも用意しましたよ。
そうしたら、やっぱりザクロソースがあるとないでは大違い!
やっぱりこのババガヌージュにザクロソースは欠かせないのね。。。
ザクロソースはネット検索して楽天で注文しました。
こちら

■材料■
・茄子    6本 (今回は長茄子)
 丸い茄子を使うことが多いようだけど、丸い茄子では魚焼きグリルに入らないのよ!(笑)
 ってことで、今回は長茄子にしてみたけど十分でした。
・ピーマン(緑、黄、赤)を1/4個ずつくらい
 茄子だけだと色が寂しいので彩りです。
・レモン汁   適量
・塩       適量
・ザクロソース 適量
・胡桃     適量

■作り方■
1、茄子を焼く。
  火が通りやすいように爪楊枝なんかで茄子をプスプス刺して穴をあけて、魚焼きグリルでしんなりして皮が焦げるまで中強火で20分くらい焼く。
2、ピーマンをみじん切りにする。
3、茄子の皮をはいで中身を取り出す。
  そのままだと熱いので少し放置して冷ましてから茄子を縦半分に切れ込みを入れスプーンで中身をかき出すと簡単です。
4、茄子はペースト状になるまで包丁でたたく。
  フードプロセッサーを使ってもいいけど、多少食感が欲しいので私はたたいた方が好き。
5、たたいた茄子、みじん切りにしたピーマン、塩、レモン汁、ザクロソース、を彩りと味を見ながら混ぜ合わせていく。
  以前はピーマンを丸ごと1個入れたらピーマンの味が強くてまいりました。。。(汗)
  少しずつ混ぜ合わせながら味を調節していくのがヨシ。
6、盛りつけ。
  5で混ぜ合わせたものをお皿に平たく伸ばして盛りつけ、その上に砕いた胡桃をふりかけて、ザクロソースをひと回しかけると色どりが良いです。


【ムタッバル】
シリア以外の地域ではこちらのことをババガヌージュと呼ぶようです。
茄子と白ゴマのコラボ。
白ゴマペーストは日本で売っている練り白ゴマでもいいみたいだけど、amazonで通販が出来たのでタヒーナ(中近東の白ゴマペースト)を買ってみました。
こちら

■材料■
・茄子    6本 (今回は長茄子)
 丸い茄子を使うことが多いようだけど、丸い茄子では魚焼きグリルに入らないのよ!(笑)
 ってことで、今回は長茄子にしてみたけど十分でした。
・タヒーナ(白ゴマペースト)  大さじ2くらい
・ニンニク  半片をすりおろし
・塩     適量
・オリーブオイル 適量
・レモン汁   適量
・クミン     少々
・コリアンダーシード  少々

■作り方■
1、茄子を焼く。
  火が通りやすいように爪楊枝なんかで茄子をプスプス刺して穴をあけて、魚焼きグリルでしんなりして皮が焦げるまで中強火で20分くらい焼く。
2、茄子の皮をはいで中身を取り出す。
  そのままだと熱いので少し放置して冷ましてから茄子を縦半分に切れ込みを入れてスプーンで中身をかき出すと簡単です。
3、材料をすべてフードプロセッサーに入れてペースト状にする。
  こちらは茄子の食感が残らないくらいペースト状にするのが好き。
  茄子以外はすべて少しずつ入れて自分の好みに調節するのがヨシ。
  私は試作段階でニンニクを入れ過ぎたりスパイスを入れ過ぎたりして食べてあわあわしちゃったもので...。


どちらも作り方は超簡単なのだけど、茄子以外の材料を自分好みに調節するのがやってみないと分からないって感じかなー。
材料が"適量"ばっかりで申し訳ない!

1つ前の記事で書いたように「ババガヌーシュ」という名前は「男を自由奔放に魅了する女」という意味だと知って驚いて、その後で思い出したのが、そういえばトルコ語で「ババ」って「お父さん」って意味じゃなかったっけ、ということ。
この辺の最初の知識は、私がトルコへ旅行に行くより前に読んでいた高橋由佳利さんの「トルコで私も考えた」だったと思います。
(リンク:amazon「トルコで私も考えた」)

トルコ語の「ババ」と関係あるのかな。
トルコ語とアラビア語じゃ意味も違うよね?
なんでこんな名前がついたんだろう。
気になる!

ってことで更に調べるとこんなのも出てきました。

http://melocoton1.exblog.jp/2677433/
(コメント欄)
「Baba Ganujの英語訳はWanton Coquetteだそうです。日本語に直訳すると淫らな浮気女って感じですけど」
「あるアラブ料理の本によると、アラブのお母さんたちは娘たちに色気が付くようにコレをせっせと食べさせる、という逸話もあるそうです。本当かな~?」

http://syncook.exblog.jp/2677515
「色々説はあるようですが、白くベルベットのような舌触りのペーストを口にすると食欲が止まらなくなるから、というのがもっともそれらしい説のようです。」

ほほぅ。
どうもこの辺りを読んでいると、私の認識の中にあるシリアのババガヌージュではなくて、ムタッバル(白ゴマペーストと茄子のペーストを合わせたもので、シリア以外ではババガヌージュと呼ばれている)の方っぽいな。
ざっとネットで検索しただけだけど、こういうのってやっぱりおもしろいね。

しかし「ババガヌーシュ」。
あやかりたいもんです。
小田蘭にとって色気は永遠の課題(笑)。

6月後半にビール仲間の誕生日会に呼んでいただきまして、この会が個人宅でのホームパーティなのにビールを樽で用意するとかさすがビール好きの集まりというもので。
飲み物も食べ物も持ちよりということなので、最初は実家から貰ったまま置いてあるテキーラでも持って行こうと思っていたのです。
とはいえ飲み物はビールが樽でいくつか(そう、1樽ではないところがまたすごい!)あるみたいなので、テキーラなんてガツンとしたものもなー......。
でもまぁ、オレンジジュースとグレナデンシロップがあればテキーラサンライズが作れるし、それでいっかなーと軽く考えていたりもして。

でも話を聞いてると結構みんなちゃんといろんなものを作ってくるみたいなので、だんだんと焦ってきました。
主役(誕生日の人)も肉と魚と野菜を1品ずつとか言ってるし(汗)。

で。
どーしよー、とか悩んでいた所に思い出したのがババガヌージュ。
以前、シリアに留学していた友人から聞いて作ったことがありました
前に作った時は省略しちゃったけど、ザクロソースを使うと書いてあったからザクロ繋がりで思い出したのです(笑)。
テキーラサンライズに使うグレナデンシロップはザクロのシロップなのですよね。
で、ザクロ繋がり。
ザクロソースとグレナデンシロップではさすがに両方に使いまわしはできないけど、中東な前菜を持っていくってのも小田蘭らしくていいかもね。

更に調べてみたら、ババガヌージュとムタッバルで混乱してきた。
ババガヌージュでネット検索すると私がイメージしている以前作ったものとは違うものが出てくるし、私の中では検索結果で出てくる料理は「ムタッバル」なんだけどなー。
覚え違いしていた??
と、思っていたら見つけました!
私にババガヌージュの作り方を教えてくれた友人の友人のブログの中で、「シリア以外の地域ではムタッバルのことをババガンヌージュと呼ぶことが多いようです」って記述を発見。
http://aquii.blog135.fc2.com/blog-entry-77.html

そーなんだー。
はぁ、すっきり。
私は友人がシリア留学していたってこともあり、その時に遊びに行ったり話を聞いたりしていたから認識がシリア寄りだったのね。

よーし、それじゃあいっそのこと「ババガヌージュ」と「ムタッバル」と両方作ってみようかな。
どちらも茄子を使った前菜だけど食感や味がだいぶ違うし、あの辺りを旅行したり中近東料理のお店に行かないとあまり食べることもないだろうから珍しがってくれるかも。
クラッカーにでも付けて食べてもらえばいいもんね。

しかし、「ババガヌーシュ」という名前には「男を自由奔放に魅了する女」という意味があるのか。
すごいな...。

北海道の地域限定商品「じゃがポックル」。
http://www.calbee.co.jp/shohin/productdetail.php?productcd=20040319021028
サクサク感が美味しくて、空港なんかの売店では売り切れも多々ある人気商品です。
私も好き♪
北海道に行った人からお土産でもらうと嬉しい!

そうしたら、いつだか会社でチームリーダーから
「じゃがポックルとジャガビーで同じなんでしょ?」
と言う話を聞いてビックリ!

調べたらカルビーのサイトにこんなページまであった。
「Q 『じゃがポックル』と『Jagabee(ジャガビー)』は、同じものなんですか? 」
http://www.calbee.co.jp/soudanshitsu/faq/detail.php?gid=2

原料と製造法が微妙に違うけど、殆ど同じ。
少なくとも食感の違いは分からないよ!

うわ~い♪
これからは「じゃがりこ」より「Jagabee」を買おう!

3年ぶりに行ってきます
リアルエールフェスティバル。
http://www.tokyorealale.org/

チケットは手配したので、今回は少し早目に行くようにしようっと。
前は開始後2時間くらいして行ったら他を飲んでいるうちになくなっていくビールがいくつにあったもんね。
しかしこの時期は会場でコートが邪魔になるのがツライわ~。

昨日集まったのは主にベリーダンス関係者。
トルコ在住の方が久々に日本に戻ってくるというので、彼女にお世話になったことのある人達を集めて再会&初対面の場だったのでした。

集まった半数以上は私が声をかけた人達だったので、当たり前だけどほぼ皆顔見知り状態。
その日はお休みだったけれど、彼女に会いたいから、と顔を出したお店のゆうこさんも加わって入口脇のテーブルはわいわい大人数になりました。
違うスタジオ所属の方とのお話は、それぞれ違う部分があって興味深くておもしろかった!
また是非ご一緒したいものです。
そして何かできると楽しいな♪

で!
何がすごいって集まっていた中の1人の彼氏さんがビールを手作りしちゃう人だったのですよ。
もちろんこの日は来ていなかったのだけど、前にもベリ友Mちゃん経由でIPAを作ったという話は聞いていて、この日はMちゃんにとバーレーワイン!
手作りキットなんてものもあるからビールを作るって話はそう珍しいものでもないけれど、IPAやバーレーワインを作っちゃうとは通ですねー。
しかも容器に「バーレーワイン」とか「IPA」とか書いちゃうところがなんだかかわいい(笑)。
IPA好きとしては聞いてるだけでわくわくです。
今度は是非カタラタスで一緒に飲みましょう~♪

その彼氏さんは味噌なんかも手作りしちゃうらしい。
おぉぉー!
「男子ごはん」や「もやしもん」の世界だわ~♪
素敵☆

男子ごはん http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/
もやしもん http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000000069

2010年の最初のブログがいつだか確認してみたら、やっぱり4日でした(笑)。
ここのトコ年末はいつも最終日までバタバタだからね。
年越しの~んびりしてたらやっぱり4日(笑)。
1つ企画がポシャったので時間もあり、やっぱり去年と同様サイトを更新してました。
http://odaran.com/

スペイン旅についていくつか旅行記を書いたり。
12月は企画に集中していてブログを更新する余裕がなかったからその分まとめて書いてみたり。
まぁ、いろいろあるけど今年もよろしくお願いします。
やりたいこと、やらなきゃいけないこと、自分の許容範囲を確認すると共に周囲の状況を確認する余裕も持てるように。


20101231.jpg写真は年越しをしたお店で出てきた鶏さんのディアボロ風。
ディアボロ(ディアボラ)って料理の中では悪魔風とか小悪魔風とか訳されていることが多いけど、なんだと思ったら意味が2通りあるようですね。
こんなページがありました。
http://majin.myhome.cx/pot-au-feu/dataroom/cooking_method/italy/diavola/diavola.html

単語としての直訳は、ディアボロ=悪魔。
料理で使う時は、刺激のあるピリカラ風味という意味と、
鶏を開いて焼き上げる時の形がマントを広げた悪魔の姿に似ているという意味と。
なるほど。
年末にまた雑学知識を仕入れてきました(笑)。

お酒はもちろん日本酒で。
而今や水鯨、年越しの時は皆で黒龍のしずく。
あ、今みたら写真のタグ文字間違ってるね!
あははは~、酔っ払いで手が誤ったということで。
正しくは「TOSHIKOSHI」ですよwww

日曜の昼間にやっている「男子ごはん」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/
料理番組らしからぬいい加減さ(褒めてるのよ)とリラックス具合が好きでよく見てます。

作りやすいものが多いので時々作ったりもするんだけど、この間「秋のきのこカレー」作ったら量多すぎたー(汗)。
http://12ch.webpro16.com/2010/10/126.html
ってか、これ絶対4人分の量じゃないでしょ?!
カレールウ10皿分て...。
4人で何回分?
まぁ、カレーは2日目が美味しいとも言うけれど。

男子ごはんレシピは2人分とか4人分で書かれているので内容によっては適当な量に調整して作るんだけど、いくら私がごはんよりおかず喰いでもこれはムリっ。
あ、食べざかりの"男子"4人分ってこと?(笑)

カタラタス、サンクトガーレン、アボットチョイス、Vivo!、の女性が作る女性のためのビール「女子ビール」♪
twitter上で展開中!
http://hashtagcloud.net/info/jyoshibeer

同じ旅好き仲間で、よく飲みに行くカタラタスのゆうこさんが参加しているということで興味津々なのですが、そもそも私は最近とみにホッピーなにがにがビールが好きなので、「普段はビールが苦手な女の子にも気に入って頂ける様なもの」というトコロで既にコンセプトに合いません(笑)。
ここで私が言っている"ホッピー"とは、ホッピー・ビバレッジ(http://www.hoppy-happy.com/)の麦酒様清涼飲料水、商品名「ホッピー」ではなく、ビールに使われている原料の1つ「ホップ」のことです。
ホップの味や香りが際立つ、味としては苦味のあるビールが最近の小田蘭の好みです♪

まぁでも、「普段はビールが苦手な女の子にも気に入って頂ける様なビール」というコンセプトはいいと思う。
私だってエールを飲むまでは、ビールって飲み会の最初には乾杯で飲むけどその後は別に・・・。
って感じだったし。
だって、日本の大手メーカーがこぞって出しているビールってラガーばっかりなんだもん!
タイプが同じだから、申し訳ないけどどれも似たような味でおもしろくない。

それがある時、スーパーで見つけた缶デザインに惹かれてよなよなエール(http://www.yonasato.com/)を飲み、当時よく行っていたフランス郷土料理のお店でバルペールエール(http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/bass/)を飲み、タイベビール(http://savetheolive.main.jp/taybehbeer.htm)を探して入ったビールバーで沢山の種類のビールに出合って、いまやすっかりビール好き。
ビールって、日本の大手メーカーが出している喉越し重視でキンキンに冷やした金色でどれも似通っているものだけじゃないんだ。
・・・ってね。

炭酸の量や泡の具合や色味も味ももっと複雑で沢山の種類があることを知ったら、きっと「ビールはちょっと・・・」と言っている女子たちにも気に入るものが見つかるはず。
「ビールはちょっと・・・」という人は、今のビールのどこが苦手なのかを伝えて女子好みなビールが出来たら、女子のビール好きも増えるかもね。

んで、女子ビール。
味はもちろんだけど、パッケージやマーケティングも重要だと思うし、この企画は楽しみながら見守っていきたいと思います。

ババガヌージュ、大好きです♪
中近東方面へ行くとまず食べたい!

旅友のはいじさんが先日教えてくれたレシピは、
--------
(1)丸い茄子を焼いて皮を剥き、叩く。
(2)ピーマン、トマト、イタリアンパセリを刻む。
(3)レモン、塩こしょう、ザクロソースであえる
・・・のが基本パターンでしょうか?
家庭によってバリエーション有り。
--------

ってことでした。
冷蔵庫をみると残っていたピーマンがある。
レモンもある。
茄子とトマトを買ってくれば作れるな。
ザクロソースはなしの方向でww
パセリは振り掛け用の乾燥したものがあるし。

20100613.jpg作ってみました♪
うーん、残っていたピーマン2つ全部入れたらちょっとピーマンの香りが強くなった(汗)。
ああっ、しかもパセリ振り掛けるの忘れた!!

(1)の部分がちょっと面倒だけど、作り方自体は簡単だしまた作ってみよっと。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

プロフィール

小田蘭
旅と写真と音楽と食べることとetc.
日常の記録をブログにて
旅のサイト時遊空館はこちらから
小田蘭へのメールはこちらから

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち飲・食カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは食べ歩きです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.01